本文へスキップ

TEL.

学生ローンWorldStudent loan World

学生ローンの存在意義

■お客のプライバシーを保護し、「信用」を担保とする。

学生ローンの存在意義は、「いかに学生さんが安心して便利に利用できるか」の一言に尽きます。
貸してはもらえるけど、やれ、親の承諾が必要だの、やれ保証人が必要だの、やれ担保が必要だの・・これでは学生が消費者金融から融資を受けるのはまず無理でしょう。
学生ローンの利用者は、親にバレず、しかも安心して借りられる会社を求めているのです。
なぜかというと、学生さんはただでさえ学費を親に出してもらったり、1人暮らしであれば家賃も出してもらっている場合が多いわけで、さらに生活費として仕送りもしています。
そんな状況で、例えば「旅行に行きたい」からといって、その旅行費まで親に出してもらうなんて到底できるものではありません。
親にも生活はありますし、お金が沸いて出てくるわけではないのですから・・
そんな時に学生さんは、学生ローンを利用するわけです。
親に知られたくない理由として、「これ以上親に負担はかけさせたくない」、「心配をかけたくない」、「バレたら怒られる」というのもありますが、単純にとか、「知られるのがイヤだ」という人も多いと思います。
学生ローンはそういったニーズに応えることで、お客を増やしていくことが可能となるわけです。

もし、学生ローンが親の承諾を必要とした場合、当然親に知られるわけですから、それではみんな避けるでしょう。保証人も同じことがいえます。
担保については、学生さんが担保にできるようなものはまずないでしょうし、仮にあったとしてもごく少数の恵まれた学生でしょう。

■スピードを重視する。
学生ローンの利用者は、サイフの中身がギリギリになるまで待って、どうにもならない場合に申し込むケースが多いので、なるべく当日の融資をしています。
ただし、振込み融資で午後3時をまわってしまうと銀行の関係で翌日になってしまいますが、基本的には即日融資がモットーなのです。

■限度枠にも配慮を
利用枠が少なすぎても困りますし、逆に多すぎても学生に対して「貸しすぎ」という批判が世間的に言われるでしょう。適度な限度枠の設定が望まれるところですが、基本的には最初に紹介した、「信用を担保とする」ことが、学生ローンの存在意義といえるでしょう。

学生ローンWorld