本文へスキップ

TEL.

学生ローンWorldStudent loan World

学生ローンの世界

金利競争の世界
学生ローン会社は高田馬場に密集している為、これまでの学生ローンの歴史の中でも、幾度となく金利の引き下げ競争が行われてきました。
金利の引き下げは、一時的には効果はあっても、すぐに他社も追従してくるので、結局は金利で他社に差をつけるということは難しい状況となっているのが実情です。
ただ、消費者にとっては学生ローンが手頃に利用しやすくなるので、これはこれで良しというところなのでしょうか。

広告戦略の世界
学生ローンの広告戦略においても、熾烈な競争が繰り広げられています。
学生ローンの発足当時は、いかに目立つ場所に看板を設置するかがポイントであり、有効な広告スペースの空きに目を光らせていたものですが、現在ではインターネットがメインとなり、検索エンジンでいかに上位表示を果たすかが最近の課題となっています。激!学生ローン参照。
また、紹介客をいかに増やすかも課題となっており、紹介料の引き上げや、景品の高額化などが目立つようになりました。

学生ローンの苦情対応
どの業界もそうですが、クレームというものはつきものです。
貸金業界はもっぱら北風に晒される毎日です。過払い金返還請求がその原因となっていることは間違いありませんが、学生ローンによってはその対応も様々なようです。
取引履歴の開示請求に素直に応じる会社もあれば、なかなか開示しない会社、開示はしてもその後の対応で対決姿勢を取る会社もあれば、和解を申し出る場合や、請求された金額をそのまま返還する会社など様々です。
これは、会社単位で対応が違うというよりも、請求者の対応によって学生ローン側も対応を変えているかもしれません。
と、いうのは、金融新聞などを見ていると、利息制限法を越えた利息をこれまで受け取り続けた消費者金融は、「悪徳」「騙し取った」「泥棒」などの表現を用いられるケースが多いようで、これはさすがに学生ローンや消費者金融会社からすれば面白くないでしょう。
また、「慰謝料」や「弁護士費用」なども加算し、実際の過払い金の数倍もの金額を請求するケースもあります。過払い金の問題は貸金業界にとってまさに死活問題となっている最重要課題となっており、苦情対応をどう対処していくかが、課題となっております。

学生ローンWorld